納戸や押し入れのスペースを占領する何冊ものアルバム。開いて見る機会なんてほとんどないけど、大切な思い出だけに処分なんてできない。

こんな悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか?

最近は断捨離や生前整理といったムーブメントが世に浸透し「ときめかないから処分しよう」とか「整理するなら最小限の写真だけ」と昔の思い出といさぎよく決別される方もいらっしゃるようです。

例えば下のグラフは「卒業アルバム」を成人になってから処分した人の割合を示すデータ(出典/しらべえ)です。青が男性赤が女性。男女ともに若い世代の卒業アルバムへの執着が薄れつつあることが見て取れますね。

sirabee_sotsugyoalubum_201411131500graph-1-600x337

【男性・年代別】 小中高いずれかの卒業アルバムを、故意的に捨てたことがある人の割合 (出典)https://sirabee.com/

sirabee_sotsugyoalubum_201411131500graph-2-600x323

【女性・年代別】 小中高いずれかの卒業アルバムを、故意的に捨てたことがある人の割合 (出典)https://sirabee.com

思い出の写真に対する価値観は人それぞれ、こだわりや事情もさまざま。必要ないと思うならこうした思い切りの良さもアリだと思います。ただ、処分の決意は固まったものの、はたと悩んでしまいませんか?

写真やアルバムってどう処分すればいいんだろう?

家庭ゴミ?
資源ゴミ?
廃品回収?

今回は写真やアルバムの処分方法についてご紹介します。

写真をゴミ扱いして平気なら「家庭ゴミ」

写真やアルバムをゴミ扱いすることに抵抗がない人は、普段の「燃えるゴミ」で問題ありません。ただし、ビスやコイルでとじられたアルバムは原則として金属パーツを分別する必要があります。「アルバムならビスを分別しなくてもOKですよ」と言ってくれる自治体もあるようですので窓口に電話して確認してみてください。

images-18

プリント写真は「資源ごみ」ではありません!

写真は紙だからリサイクルできる「資源ゴミ」と思いがちですが、違います。紙写真は例外なく「禁忌品(リサイクルできない紙資源)」に分類されています。なので必ず「燃えるゴミ」に出してください。写真が貼りつけられたアルバムも同様です。

個人情報にご注意を!

写真は個人情報でもあります。ゴミ置き場に放置していると持ち去られて悪用される可能性もゼロとは言い切れません。写真を処分するときは出来るだけ、シュレッダーで粉砕したり、ハサミで切り刻んでゴミ出ししましょう。また、古い時代の「卒業アルバム」には卒業生や教職員の自宅住所が記載されていることがあります。その場合は確実に閲覧できないようにしてください。

個人情報を手軽に隠せる便利なアイテム

シュレッダーにかけるにもアルバムに貼られた写真を1枚ずつ剥がすのはかなり面倒です。また、シュレッダーが手元にないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのが「ローラーケシポン」という個人情報保護スタンプです。ネットで800円前後で販売されています。

is500cmmain-2

ローラーケシポン紹介動画

使い方は写真のプリント面をなぞるだけ。保護フィルムに被われたアルバムならフィルムをめくり、写真の部分だけをケシポンして保護フィルムを元に戻せばカモフラージュできます。

シュレッダーのように完璧に消去することは出来ませんが、何が写っているかほぼ見えなくなるので何もしないより、安心かもしれません。

家庭ゴミだと不安な方は「ゴミ処理施設」へ

写真をゴミ置き場に放置したくない。処分されるのを見届けたい。そんな方はお住まいの自治体が管轄するゴミ処理施設に臨時ゴミとして持ち込み、焼却処分してもらう方法があります。[○○市 ゴミ処理 施設]とネットで検索すれば出てきます。

伊丹市クリーンランド

本来、引っ越しなどで出た臨時ゴミ粗大ゴミを処分してくれるサービスですが、「アルバムを処分したい」と伝えれば受けつけてくれるはずです。予約制のところが多く、利用料金は自治体によってまちまちですが、だいたいゴミ10㎏(アルバム4~6冊くらい)ごとに90円前後です。

車による搬入が多いため、料金計算はまずゴミを積んだままの車重を測り、ゴミを降ろしたあとでもう一度、車重を測ってゴミの重さを算出する方法が多いようです。

なお、アルバムの金属パーツなどの分別は通常の家庭ゴミと同じですが、「アルバムなら分別しなくても大丈夫ですよ」といってくれる自治体もあるようですので少しでも労を軽減したいなら担当窓口で確認してみてください。

あと、注意点としては持ち込む人が「管轄地の住民」であり、ゴミは「本人の所有物」でなければならないという利用条件があります。確認を求められることがあるので免許証など証明できるものを忘れずに。

この他にも自治体によってルールはいろいろあると思いますので、ご利用の際は必ず問い合わせて確認してください。

写真をゴミ扱いしたくない方は「お焚き上げ」

写真には魂が宿っている気がしてゴミ扱いすることにためらいを感じる。そういう方は神社やお寺さんで「お焚き上げ」をしてもらいましょう。お焚き上げとは想いのこもった品々を浄化させ、焼却して供養する有償の神事・仏事です。

[○○市 お焚き上げ 社寺]とネット検索すれば出てくるはずです。写真やアルバムならダンボール単位(1箱アルバム6冊程度)で引き受けてくれるところが多く、料金は1箱5000円前後が相場です。

面倒・時間のない方はお焚き上げ代行サービス

「お焚き上げ」の利用は予約した日時に神社やお寺に持ち込むスタイルが一般的ですが、最寄りにそうした神社がないとか、持ち込むのが面倒だし、時間もないという方は「お焚き上げの代行サービス」を利用する手があります。

「○○市 お焚き上げ 代行」とネットで検索すればいろいろ出てきます。代行サービスでは遺品整理などを手がける業者が[アルバムの預かり][神社への持ち込み][お焚き上げの現場確認]を代行してくれ、最後に[お焚き上げ証明書]を発行してくれます。

なお、代行業者にお焚き上げを依頼する場合は「宗派」を伝えることを忘れずに。

誰にも見られず処分したい方は「溶解処分」

破棄したい写真やアルバムを絶対に誰にも見られたくない方はご自分で野焼き処分するか、法令によってそれが出来ない地域の方は、写真やアルバムをダンボールに梱包し、機密文書として専門業者に溶解処分を依頼する方法があります。

溶解処分とは書類の入ったダンボールを未開封のまま、溶解炉(バルパー)に放り込み、薬品を使って書類をドロドロに溶かしてしまう処分方法です。第三者の目に一度も触れずに処分が可能です。溶解処理証明書も発行してくれます。

youkashori

ただし、溶解処分は本来、企業から出る機密情報の漏洩防止と紙資源のリサイクルを主な目的とした処理方法ですので、一般家庭の写真やアルバムなどの禁忌品(非リサイクル紙資源)を溶解処分してくれる業者は限られてきます。

近隣にそうした業者が見つからない場合は郵送サービスを行っている遠方の業者を利用することになります。業者の数は少ないですがダンボール1個単位から受け付けてくれるところもあります。ただ、機密文書扱いですのでその分、利用料は割高となります。

<宅配で全国対応している溶解処理サービス業者>
(株)ワラケン「セキュリティーパック21」

まとめ

●写真をゴミ扱いして平気な方→「家庭ゴミ」

●処分を見届けたい方→「自治体のゴミ処理施設」

●写真に魂が宿っていると思う方→「お焚き上げ」

●誰にも見られたくない方→「自分で焼却」or「溶解処分」

写真やアルバムに対する思いは人それぞれですので、自分の納得する方法で処分すれば良いと思います。

処分する前にデジタル化の検討を

紙写真は処分してしまうと二度と目にすることはできません。若い頃は関心がなかったとしてもi何10年後、改めて見たときにまた違った感慨に浸れるのが懐かしい昔の写真です。

処分に迷ってしまったときは写真やアルバムのデジタル化をおすすめします。電子データに変換しておけば迷うことなく処分できますし、いつでもプリントし直せるだけでなく、クラウドのストレージにデータをアップロードしておけば万一の防災対策にもなります。

面倒ならプロに丸投げする手も!

デジタル化はスキャナとパソコンがあればある程度は自分でもできますが、面倒、知識がない、画質が不安という方は業者に丸投げしてはいかがでしょうか。当社も紙写真やアルバムをデジタル化する代行サービスを提供する業者のひとつです。アルバムのページスキャンなら1ページ76円。アルバム(20P)が1冊1520円でデータ化できるので「安い」と好評です。価格と品質には自信があります。

デジタル化を検討される際はぜひ、当社のサービス内容をチェックしてみてください。

 

(関連記事)『アルバム写真 デジタル化する方法
(関連記事)『処分に困った古いアルバムはデジタル化が一番
(関連記事)『自分で写真をデジタル化する方法と注意点
(関連記事)『アルバム写真のデジタル化・費用を安く押さえて「セルフ・トリミング」
(関連記事)『離婚後、記念写真や思い出アルバムは処分する?しない?
(関連記事)『お子様の学校行事の写真はデジタル化で決まり!
(関連記事)『故人の写真・みんなが遺品整理で悩むこと