woman-d-11-60px「愛知県のお客様(40代の女性)」

引越しをきっかけに写真とアルバムの整理がしたくなってバラ写真300枚弱、アルバム5冊のデジタル化をお願いしました。

アルバム5冊の内の1冊は元データを失った娘の幼少時代のフォトブックでした。画質がきれいなうちにバックアップしておこうと思い、お願いしました。

納品されたデータを見て思った以上の出来の良さに感心しました。補正データも見違えるような写真になっていました。

あまりにも良い画質でしたので、主人と相談して古いアルバムは処分することになりました。

私はアルバムの何とも言えない哀愁が大好きなので、少し抵抗はありましたが、さすがに今の時代に台紙アルバムは不向きかなと。スペースも取りますし、なにより、永久に画質の劣化を気にせずに保存できるデータが手元にあるので後悔はしないと思います。

何度もメールで問い合わせしてしまい、ご苦労かけました。

img-daihyou-60px-2「memori-one」からのメッセージ

ご利用ありがとうございました。最近のデジカメで撮影されたフォトブックなども元データがないというケースが多いようですね。娘さんのフォトブックを画質の良いうちにバックアップしておいたのはとても賢明な判断だと思います。また、デジタル化した後の古いアルバムを処分するかどうかは人それぞれの価値観ですね。デジタル化したら永久に記録は手元に残せますから思い切って断捨離してしまうと言うのも悪くない選択肢の一つだと思います。あと、お褒め頂いた画質の良さは当店のこだわりのひとつです。画質を犠牲にしてまでローラー搬送によるスキャンなど、効率アップを求めることはいたしません。扱う多くの写真はすでに劣化の進行した写真ばかりです。これ以上、画質を落としてしまうことはデジタル化する意味がなくなってしまうからです。またご用命がございましたらよろしくお願いします。

illust-hed-logo13