バラ写真なら袋に収納されたグルーブごとに分類名をつけたフォルダを作ります。例えば、分類名が「母の幼少時代」だとしたら「1.母の幼少時代」という分類名になります。分類名の冒頭の数字はシステム管理上の識別記号ですので必ずつきます。この親フォルダの直下に「1.オリジナルデータ」と「1.補正データ」という子フォルダが作られ、スキャンした画像データはそれぞれその中に保存いたします。アルバムの場合も同様です。アルバム表紙の裏面に「アルバムの分類名(例)1998年新婚旅行」を書いた付箋を貼ってください。