東京五輪開催のカウントダウンが終盤にさしかかろうとしていた西暦2020年初春。

全人類は歴史的な厄災に立ち向かうことになりました。

中国武漢で発生し、猛烈なスピードで全世界に感染が拡大した新型コロナウイルス。

幾多のパニック映画で描かれてきたフィクションがまさに現実のものとなったのです。

未知のウイルスなのでまだワクチンも治療薬も存在しません。

そんな中、私たちにできることはまず自分が感染しないこと、そして、人に感染させないことしかありません。

今はとにかく感染拡大を阻止し、全ての国民が強い意識を持って「ステイホーム(家ごもり)」を徹底しなければなりません。

外出できない。人と接することができない。学校にもいけない。まともに仕事もできない。

家ごもりが長引けば長引くほどストレスもたまり、生活不安は大きくなるばかりです。

大人も辛いですが、元気盛りのお子さんはまた別の次元の我慢を強いられていると思います。

でも今が正念場です。家族で結束しましょう。家族の結束はやがて社会の結束につながります。

何が何でも感染の広がりを抑えこむこと。そして、医療崩壊させず、治療薬とワクチンができるまで他人と接触せず、静かに家ごもりするしか、このウイルスに打ち勝つ方法はないのです。

試練を乗り越えた先には必ず明るい未来が待っていると信じましょう。

みんなで力を合わせてこの厄災を乗り越えましょう。

自分の命、愛する人の命を守るために…。

家ごもりを余儀なくされている皆さまへ

 

突然、降ってわいたような家ごもりの時間。みなさん、お家で何をして過ごしていますか?

日々、深刻な状況を伝えるニュースも気がかりですが、ずっとネガティブな情報を見ていると気分は落ち込むばかりです。

気持ちがふさぐと人間は免疫力が低下すると言われています。

今、免疫力を下げてしまうと感染のリスクが高まります。

ここは少しばかり気持ちを切り替えて「コロナ以外の何かに熱中」してみてはいかがでしょう。

おすすめは「春の大掃除」と「整理整頓」

 

はっ?大掃除とか整理整頓って年末じゃないの?と突っ込まれそうですが、まあ聞いてください。

ちょうど今は「衣替え」の季節です。その作業を一気に拡大して「大掃除・整理整頓」までやっちゃうのです。

お掃除や整理整頓、部屋の模様変えって適度な運動にもなり、ストレス解消にはもってこいです。

あと、ついでに納戸に保管されているアルバムや写真も整理してみてはいかがでしょう。

忙しくてなかなか手が回らなかった写真やアルバムの整理も今ならじっくりとできますよ。

降ってわいた時間を有効に使ってぜひ、思い出の整理整頓をしてみてください。

また写真やアルバムのデジタル化を検討されるときはぜひ、弊社のデジタル化サービスをご検討ください。

一日でも早くコロナ渦が収束しますように。