出典:おもいでかえる

2019年の夏が終わり、季節は秋にさしかかろうとしていた頃、東日本に記録的な大雨をもたらした台風15号と19号により、各地で土砂災害や河川の氾濫が相次いで発生しました。

なによりもまず、災害の犠牲となられた皆様に哀悼の意を表し、負傷された方及び被災された方、ご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地からこんな問い合わせが届きました!

台風19号が去って1週間が過ぎた頃、お客様から当サイトにこんな「問い合わせ」が届きました。
お客様の許可をいただいて掲載しています。

愛しいお子様たちの成長記録。なんとか救済してあげたい気持ちは山々でしたが、さすがに泥まみれの原稿は精密機器のスキャナーにセットできませんので、その旨を丁寧にお伝えし、ご理解いただきました。
 
その後、このお客様とやりとりする中で気になったのが水没したアルバムの保管状態でした。お尋ねしましたら「濡れタオルで拭いたあと、知人の家の納屋に段ボールに入れておいてある」とのことでした。
 
残念ながらそれは最悪の保管方法です。やるべきことが山積しているのは承知の上で、正しい処置・保管方法を助言させていただきました。
 

泥水をかぶったアルバムの応急処置

 
泥水にまみれたアルバムやブリント写真の応急処置で大事なポイントは
 
「目立つ汚れだけを急いで拭き取り」→「一刻も早く乾燥させる」です。
 
アルバムの場合、汚れを落としたら急いでページを開いて立てた状態で陰干しするのがベターです。
 
取り切れなかった汚れは乾いた後で水洗いしてきれいにします。
 
初期処置のポイントは何よりも写真の劣化を進行させるカビやバクテリアの繁殖を阻止することが先決なのです。
 
風通しの悪いダンボールに入れておくと数日でカビやバクテリアが発生し、写真はボロボロされてしまいます。
 

他にも同様の問い合わせが

 
実はこの質問者様の後、同様に被災地域から何通か問い合わせが届きました。
 
同じくアルバムが水没したとか、水没は逃れたものの、またいつ来るかも知れない水害に備えて写真やアルバムをデジタル化したいという趣旨の問い合わせが大半でした。
 
被災していないアルバムに関してはもちろん、スキャナにセットできますので、デジタル化をお引き受けいたしました。
 
ですが水没したアルバムや写真はさすがにお力にはなれません。
 
このような経緯もあり、今回は水没したり、泥まみれになった写真やアルバムの応急処置についてまとめみようと思い立ちました。
 
なお、より詳しく専門的に解説した情報サイトもありますのでそうしたサイトのリンクも貼り付けておきます。
 

あきらめないで・水没写真は応急処置で救えます 

紙写真やアルバムが水没して泥にまみれになってもあきらめないでください。正しい応急処置を施すと写真を救済できる可能性があります。
 
写真やアルバムの種類、汚れの状態によってその方法は異なるようですので、詳しくは以下のリンクから専門の情報サイトを参考にしてください。
 
ちなみに一般的な紙写真や台紙に写真を貼り付けるタイプのアルバムの処置方法はざっくり紹介すると以下のような手順となります。
 

一般的な写真・アルバムの応急処置のポイント

●目立つ汚れを落とし、「写真同士は離して」「アルバムは開いて」陰干しで乾かす。

   
 

●乾いたらタライにためた30℃以下の温水で丁寧に洗浄し、もう一度、完全に乾かす。

●救済できた写真は速やかにデジタル化する。

水没写真救済ボランティアが作成した「水に濡れた写真の応急処置」のチラシ

下のチラシは東日本大震災をきっかけに発足し、今なお全国の「被災地域の写真レスキュー活動」に取り組むボランティア組織が作成した「水に濡れた写真の応急処置」のチラシです。長年の経験に裏打ちされた大切なポイントがわかりやすく解説されていとても参考になります。

出典:課外のあらいぐま(http://kagaiguma.blog.jp/)

「水に濡れた写真の応急処置」(PDF)

注意・製本式の卒業アルバムはすぐに乾かしてはダメ!

汚れた水(雨水や泥水)にまみれた卒業アルバム(製本式)に関しては応急処置の手順が違うので注意が必要です。
 
   
 

●学校法人から配られる卒業アルバムは製本されたアルバムが一般的で「塗工紙」という紙に写真が印刷されていてます。

●塗工紙は汚れた水に濡れるとたちまち水分の蒸発とともにページ同士が張り付いて固まってしまうという性質をもっています。水道水に濡れても張り付かないので汚水に含まれる微生物の仕業と考えられます。一度、張り付いて固まると容易にはがせません。

●こうした理由から製本式のアルバムの初期処置は台紙型アルバムとは違い、「まず濡れた状態を保ち、水分の蒸発を遅らせること」が大事なポイントとなります。

●方法としては濡れたアルバムを急いでポリ袋に入れて口を結び、水分の蒸発を遅らせてください。もちろん、この状態で長時間、放置するとカビとバクテリアが発生しますのであくまでもこれは緊急措置。急いで次の処置の準備に取りかかります。

●次の準備は「タライに水道水をためる」「タオルを数枚用意する」「吸水紙(新聞紙等)を用意する」「重しになるモノを用意する」です。

●次の準備が整ったらポリ袋から濡れたアルバムを取り出し、タライにためた水道水で優しく丁寧に水洗いし、全体の水気をタオルで拭き取った後、ページとページの間に適当な大きさに切った吸水紙(新聞紙等)を挟んでいき、ページ同士がくっつかないようにして上から重しをのせてしばらく放置します。

●吸水紙はよきタイミングでとり換え、ページとページが張り付かないくらい水気がなくなるまでこの行程を繰り返します。

●ほぼ乾いたらページとページを開いて扇状に立て扇風機などで完全に乾かしてようやく救済完了となります。

※詳しくは以下の動画サイトでご確認ください。

 

水没写真の救済方法を詳しく解説した専門サイト

水没したり、泥まみれになった紙写真やアルバムの応急処置の方法に関してより詳しく専門的に解説された情報サイトがいろいろございます。
以下にそのリンクを貼り付けましたので情報が知りたい方はどうぞ参考にしてください。
またこのブログをご覧になって写真やアルバムのデジタル化に興味を持たれた方はぜひ下のバナーリンクをクリックしてください。
 
写真・アルバムのデジタル化にならぜひ[memori-one]におまかせください。