思い出が一杯詰まった家族アルバム。大切だけど、重いし、大きいし、何より、かび臭い。とはいえ、処分なんて出来るわけないし、「なんとかならないものか」と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたへ。アルバムのデジタル化をおすすめします。

アルバムをデジタル化するメリットとは

●写真の色あせ劣化を止められる
●デジタル端末で鑑賞できる
●家族で思い出を共有できる
●フォトブックを新調できる
●画像の色補正ができる
●大切な思い出を災害から守れる

紙写真は経年劣化しますが、デジタル画像に変換すれば、その時点から永久に画質は劣化しませんし、古い写真をデジタル化すればスマホでも鑑賞できるようになり、離れた家族とデータを共有することも可能になります。

さらにデータさえ手元にあれば不要になったアルバムは気兼ねなく処分できますし、データの中からお気に入りの画像だけを選んでコンパクトなフォトブックを新調することもできます。

また、色あせした画像をデジタル補正して元の色合いに近づけることも出来ます。

そして、なにより、データを複数コピーして分散保管しておけば、万一の防災対策にもなり、いいことずくめなのです。

アルバムをデジタル化する方法

方法は主に2つです。「プロの業者に依頼する」あるいは「自分でデジタル化する」です。

方法1)プロの業者に依頼する

手っ取り早いのがデジタル化サービスの業者に依頼してスキャンしてもらう方法です。デジタル化したいアルバムを梱包し、業者に郵送すれば1週間前後でスキャンが完了し、原稿の返却と同時にデータが保存されたDVDが届きます。

<メリット>

1.自分でデジタル化する手間が省け、断然楽ちんです。
2.プロが丁寧にスキャンしてくれるので画質にも不安はありません。
3.不要なアルバムは代行処分してくれるので手間が省けます。

<デメリット>

1.それなりの費用がかかります。
2.アルバム1冊(写真250コマ/解像度300dpi)のデジタル化料金は6000円前後が相場です。
3.プライベート写真を他人に見られます。

方法2)自分でデジタル化する

パソコンとスキャナを使い、自分で写真をスキャニングしてデジタルデータに変換する方法です。

<メリット>

1.すでにパソコンとスキャナが揃っているならコストはほとんどかかりません。
2.色あせしている写真にはスキャン時に色補正をかけることができます。
3.他人にプライバシーを見られる心配もありません。

<デメリット>

1.とにかく時間・労力・忍耐力が求められます。
2.パソコンとスキャナがない場合は揃えるのにそれなりの費用がかかります。
3.スキャニングの知識がないと良画質でデジタル化できない不安があります。

業者に依頼される方はココに注意!

業者によってプランや料金設定はさまざまです。ただ、極端に安い業者の中にはスキャニングではなく、アルバムをカメラ接写してデジタル化する業者も存在します。カメラ接写は作業効率は上がりますが、得られる画質はスキャン画像より確実に劣ります。

依頼される場合は必ず、業者のデジタル化方式を確認されることをおすすめします。

自分でスキャンする際に必要な道具

まず自分でデジタル化するために必要な道具は以下の通りです。

1.スキャナー
CCD方式のフラットヘッドスキャナ

2.パソコン
性能が高いほどスキャン時間は短縮出来ますが、エントリーモデルでも可能です。ただし、実装メモリは最低でも4MBは必要です。

3.カッターナイフ
アルバム台紙と写真が癒着して剥がれないときに接着面に差し込んで使います。写真面さえ傷つかなければスキャン画質に影響はありません。

4.ウェットティッシュ
写真のプリント面が汚れている場合のクリーニング用に使います。

フォトスキャンに適したスキャナ選び

スキャナの読み込み方式にはCIS方式とCCD方式があります。写真をできるだけ良画質でスキャンするには被写界深度の深いCCD方式のフラットヘッドスキャナを選んでください。

フラットヘッドとは

フラットヘッドはガラスの原稿台に複数枚の写真を並べ、上部パネルを閉じて外光を遮断し、下から光源を移動させて1枚ずつイメージを読み込んでいくスキャナです。歪みもなく最も安定した画質が得られるため、フォトスキャニングの王道と言われています。

おすすめのA4スキャナ

[EPSON]

A4フラットベッドGT-X980(CCD)実勢価格6万円前後(2019年1月現在)フォトスキャンの画質に徹底的にこだわったハイエンドモデル。


A4フラットベッドGT-X830(CCD)実勢価格3万円前後(2019年1月現在)画質とスピードを両立したミドルレンジモデル。


A4フラットベッドGT-F740(CCD)実勢価格2万円前後(2019年1月現在)手軽にフォトスキャンを実現する高画質&高速ハイパフォーマンスモデル。


[CANON]

CanoScan 9000F Mark II(CCD)実勢価格2万円前後(2019年1月現在)フィルムにも対応したキャノンのフラッグシップモデル。

とことん画質にこだわる人ならプロ仕様のエプソンのGT-X980を選べば間違いありませんが、さすがに6万円はコスパに問題があります。すでに劣化の進んでいる昔の写真なら2万円程度のスキャナでも充分な画質が得られると個人的には思います。

効率的なスキャン方法

ここからは実践編として効率的にスキャンしていく手順を説明します。

(注)以下に解説する方法はデジタル化したあと、写真やアルバムを破棄することを前提としています。とにかく写真をスキャンできればよいので多少、アルバムを破損させたり、写真の裏面が破れても気にしないという考えがベースとなっています。なので「絶対に原稿を傷めたくない」という方は参考にしないで下さい。

手順1)ダンボールを2個用意

スキャンしたいアルバムをダンボールAにまとめて入れておきます。ダンボールBはスキャンが終わったアルバムと写真を入れる処分箱です。混在しないようにわけておくと作業がはかどります。

手順2)アルバムの写真を剥がす

まずはアルバムの写真はがしです。保護フィルムに被われたアルバムならフィルムをめくり、台紙から慎重に写真を剥がしていきます。

台紙にぴったり癒着した写真は無理に剥がそうとすると破れてしまうので、カッターナイフを使って剥がします。このとき、多少、接着面が傷ついてしまってもプリント面さえ傷がつかなければスキャン画質には影響しません。

剥がした写真はアルバムに並んでいた順に輪ゴムで束ね、ビニール袋に入れてグループ名(アルバム名)を付箋などに書いて貼りつけておきましょう。同様の行程で全てのアルバムの写真を剥がします。

手順3)写真をスキャンする

パソコンのスキャナソフトを使い、グループ毎に束ねた写真を1枚ずつ原稿台にのせてスキャンしていきます。保存フォルダ名は写真を束ねたときに決めたグループ名にしておくとあとて確認しやすいです。

A4スキャナの原稿台なら一度にL版写真3~4枚程度が並べられます。このとき、必ず、写真と写真の間隔を1センチ以上開けて下さい。間隔が狭いと個々の写真をうまく認識してくれません。

スキャンはまずプレビューボタンを押して簡易的に読み込みます。プレビュー画面で読み込んだそれぞれの写真の天地や傾きを確認し、問題なければスキャンボタンを押してスキャン本番です。

パソコンの性能にも左右されますが、L版写真1枚につき、10秒前後でスキャンし、自動的に連番を付けて任意のフォルダに保存していきます。束ねた写真の数だけこの作業を繰り返します。

スキャン作業にかかる時間

アルバムのスキャン作業に要する時間は「アルバムから写真を剥がす時間」「原稿台に写真を並べる時間」「スキャンして保存する時間」の合計です。この合計時間がスキャンするアルバムの数だけかかります。

例えばエプソンGT-F740をWindowsパソコン(CPU intel core i7)と接続してアルバム1冊(写真250枚)をスキャンした場合

1.アルバムから写真を剥がすのに要する時間(慎重にやって30分)
2.原稿台に写真をセット+スキャンして保存する時間(約1時間30分)

アルバム1冊で合計2時間ほどかかります。10冊あれば単純計算で20時間かかります。

全てのアルバム写真のスキャンが完了したら保存された画像データを保管用としてDVDなどにコピーしておきましょう。念のため、クラウドのストレージにデータをアップロードしておけば万全の防災対策になる上、離れた家族とデータの共有も可能となり、気軽にスマホにダウンロードして楽しむことが出来ます。

効率重視!ハイリスクなスキャニング方法

ここまではフラットヘッドを使用した王道のフォトスキャンの方法でしたが、それより作業効率を劇的に高めるスキャン方法があります。自動ローラー搬送機能がついたイメージスキャナを使用する方法です。

原稿台に数枚ずつ並べるフラットヘッドと違い、30枚程度の写真をまとめて給紙装置にセットすれば、ボタン1つで写真が自動でローラー搬送され、1枚ずつスキャンされていきます。このスピード感は劇的です。

前述した「原稿台に写真をセット+スキャンする時間」もフラットヘッドの5分の1程度に短縮され、250枚の写真でも20分もあればスキャン完了です。

人気のローラー搬送式イメージスキャナ

[富士通]

ScanSnap iX500イメージスキャナ 実勢価格4万円前後(2019年1月現在)

(注)ただし、ローラー搬送は本来、紙文書のスキャン用に設計されたものなのでプリント写真の紙質や厚みによっては写真面に傷がついたり、搬送中に紙詰まりをおこし、最悪、写真原稿が破損してしまうリスクがあります。画質もCIS方式なので高画質は望めませんので画質優先の方や写真原稿を大切にしたい方にはおすすめできません。

 

プリンター複合機のスキャン性能は?

最近、家庭に広く普及しているプリンター複合機にはほとんどの機種でスキャナ機能がついています。ただし、CIS方式のため、正直、フォトスキャンとしては役不足です。複合機のスキャナとCCD方式のフラットヘッドでスキャンした画質の違いは歴然です。

複合機のCIS方式

フラットヘッドのCCD方式

どこまで画質にこだわるかは人それぞれですが、デジタル化した画像でのちのちフォトブックを新調したいとお考えなら複合機のスキャンはやめた方がいいでしょう。

不要になったアルバムの処理

不要になったアルバムや写真は家庭ゴミですので金属ビスなどは分別し、通常の自治体の「燃えるゴミ」に出して問題ありません。資源ゴミではないの?と誤解されがちですが、写真はリサイクル出来ない素材ですので「資源ゴミ」ではありません。

また、写真は個人情報でもありますので悪用されることに不安を感じる方はシュレッダーで粉砕しておくと安心です。

[関連記事]アルバムを処分・ゴミ出しする方法

まとめ

アルバムには独特の哀愁がありますが、見る機会もないまま保管していてもただ写真が劣化していくだけです。劣化がひどく進行する前にデジタル化することで古い写真の楽しみ方がぐんと広がります。

ただし、自分でデジタル化するのはなかなか手間暇のかかる作業です。チャレンジしたものの、あまりにも時間がかかるため、途中で挫折する人も多いようです。時間に余裕のある方なら問題ありませんが、時間がない、面倒だと思う方はプロの業者に丸投げしましょう。

デジタル化なら当社におまかせ

最後は宣伝になりますが、当社では写真やアルバムのデジタル化サービスをご提供しています。バラ写真なら1枚19円から。アルバムページスキャンなら1ページ76円となっています。

熟練したスタッフが大切なお客様のお写真を1枚ずつ丁寧にスキャン致します。ぜひ、アルバムのデジタル化をお考えなら当社にご用命下さい。価格と品質には自信があります。