android-photo-to-pc

パソコン(Windows)とスマホの間で写真画像を相互に転送し合う方法を解説します。AndroidやiOSなど、スマホの機種によって多少操作の仕方や名称が異なるかもしれませんが、基本的には同じような手順とお考え下さい。

そもそもスマホ画像はどこに保管されてるの?

スマホのカメラで撮った写真(画像)は通常、本体ストレージの「DCIM」フォルダ内の専用フォルダに保存されます。専用フォルダ名は「100ANDRO」や「Camera」などが一般的です。ちなみに「DCIM」とは「Digital Camera IMages」の略です。

XperiaZ4(Android)を例にした場合、「メニュー」→「本体設定」とタップして「ストレージ」を開きます。

次にスマホ本体の記憶領域である「内部ストレージ」を開き、「ファイルビューア(Xperiaの場合)」でファイルを表示すると「DCIM」フォルダが確認出来ます。

 

この「DCIM」フォルダを開いて「100ANDRO」や「Camera」などのフォルダをみつけてください。その中に画像がズラリと保存されているはずです。

ちなみにスマホの設定で撮影した画像の保存場所をSDカードに指定している場合はSDストレージ内に保存されます。この場合でもSDストレージの中に「DCIM」フォルダがちゃんとあり、その中の階層フォルダ内に画像が格納されています。

転送=送りたい端末側に画像をコピペ

転送と言っても理屈としては画像のコピー&ペーストです。[パソコン→スマホに転送]の場合は、転送したい画像をスマホの「100ANDRO」や「Camera」フォルダの中にコピペすればOK。逆に[スマホ→パソコンに転送]の場合は、スマホ内の画像フォルダから転送したい画像をパソコン側にコピペすればいいわけです。ではどうやって転送するのか?

転送する主な3つの方法

転送するには端末同士を接続しなければなりません。主に以下の3つの方法があります。

A)USBケーブルで接続して転送する
B)USBケーブルとスマホの管理アプリを使って転送する
C)ネットに繋ぎ、オンラインストレージでデータ共有してダウンロード転送する

A)USBケーブルで転送する

images-24

Android/iPhoneともにそれぞれ専用のUSBケーブルでパソコンと接続します。

専用のUSBケーブルについて

1)Androidスマホの場合、スマホ側の端子は「micro USB」が主流です。パソコンに接続する側はUSB Type-A規格の端子です。


2)iPhoneスマホの場合は、スマホ側が「Lightning端子」というiOS機の専用ケーブルです。iPadなどにも対応しています。パソコンに接続する側はUSB Type-A規格の端子です。
3)2017年夏モデル以降の最新Androidスマホの場合は、スマホ側が「USB Type-C」という次世代の高速転送規格に対応した端子を採用したモデルが出始めています。端子形状が上下同じになり、上下どちらの向きで差し込んでも使用できます。最新スマホの方は注意して下さい。パソコンに接続する側はUSB Type-A規格の端子です。

AndroidとWindows間の転送手順

※スマホやパソコンのOSによって多少、手順が異なるかも知れませんが、基本的な方法は同じと思われます。以下はXperiaZ4とWindows7の接続手順です。

▼専用USBケーブルでスマホとパソコンを接続します。
▼初めて接続するときはパソコン側でUSBドライバーが自動的にインストールされます。
▼しばらく待つとパソコンがスマホを認識し、パソコン画面に「自動再生」のウィンドウが表示されます。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-12 ※自動再生されない場合は、スタートからコンピュターを表示させ、認識されたスマホのストレージをダブルクリックすればスマホ内のフォルダが表示されます。
▼「ファイルを表示する」をクリックするとスマホ内のさまざまなファイルが格納されたフォルダが表示されます。
▼スマホの内部(本体)ストレージ(又はSDカードストレージ)を選択し、その中の「DCIM」というフォルダを開きます。

image-dcim
▼この「DCIM」フォルダ内の「100ANDRO」や「Camera」にスマホで撮影した画像が格納されています。
▼スマホからパソコン側に画像を転送したい場合はスマホの画像をパソコンのデスクトップや任意のフォルダにコピペすれば完了です。
▼逆にパソコンからスマホ側に画像を転送したい場合は、パソコン側の画像を選択し、スマホの「100ANDRO」フォルダにコピペすれば完了です。

iPhoneとWindows間の転送手順

▼USBケーブルでiPhoneとパソコン(Windows)を接続します。
▼iPhoneをUSBでパソコンに接続するとパソコンの画面に「タップして、このデバイスに対して行う操作を選んでください」という表示が出ますが無視し、iPhone側に表示される「このデバイスに写真やビデオへアクセスを許可しますか?」という表示に対して「許可」をタップしてください。あとの手順はAndroidの場合と同じです。
※iPhoneとMacパソコン(iOS)の場合は接続すると写真アプリ「Photos」が起動し、そのまま取り込めるので上記のような手間は不要です。

B)USBケーブルとスマホ付属の管理アプリを使って転送する

スマホにはパソコンと同期させるための管理アプリがたいてい付属しています。スマホ内の全ての画像をパソコンに転送する場合はパソコンとスマホを接続して画面に表示されるダイアログの「ファイル転送(MTP)」を選択し、転送すれば完了です。

画像を選択して相互転送したい場合

スマホ付属の管理アプリはバックアップ等に特化しているため、個別の画像を選択出来ないものもあります。正直、使い勝手は良くありません。そこで、画像の個別転送が簡単にできる高機能な無料アプリをご紹介します。それがApowersoftのスマホマネージャー。

mig-apowersoftApowersoftスマホマネージャー

AndroidだけでなくiOSにも対応している高機能な無料スマホ管理アプリです。スマホの画面をパソコンにリアルタイムに表示することや、スマホに保存された動画をパソコンに送ったり、パソコンからスマホに送ったりすることが可能です。豊富な機能が搭載されていながら直感的な操作で使えるのでなかなかおすすめのアプリです。このアプリをパソコンとスマホの両方にインストールすれば画像、動画、音楽、電話帳などのデータをパソコンとスマホの間で手軽にやりとりできます。

スマホマネージャーを使った転送手順

▼公式サイトからまずパソコン用の「スマホマネージャー(Windows/iOS)」をダウンロードしてパソコンにインストールします。
▼次にスマホのGooglePlayからスマホ用の「スマホマネージャー(Android/iPhone)」を検索し、ダウンロードしてスマホにインストールします。
▼インストールが完了したらUSBケーブルでスマホとパソコンを接続し、パソコン側の「スマホマネージャー」を起動します。
▼するとパソコンのソフトがスマホ端末を認識し、自動的に接続してくれます。
▼画面に表示されているメニューから「画像」を選択します。
▼次に「インポート(パソコンからスマホ)」ボタンを押してパソコンのフォルダに保存してある画像を選択してスマホにインポートします。これで転送完了です。
▼逆にスマホの画像をパソコンに転送したい場合は「エクスポート(スマホからパソコン)」ボタンを押すことで取り込めます。

以下は公式サイトの「スマホマネージャー」の説明動画です。説明は「スマホ→パソコンへの転送手順」ですが、逆の場合は「エクスポート」ではなく「インポート」にすればパソコン→スマホへの転送になります。

C)無料オンラインストレージで共有し、ダウンロード転送する

無料オンラインストレージとはインターネット上で大容量のデータを保管してくれるレンタル倉庫のようなサービスです。たくさんのサービスがある中、代表的なサービスはやはり「Googleドライブ」「Dropbox」あたりが有名です。それぞれにサービス内容に異なる部分がありますが、機能と使い方はほぼ同じような感じです。

googledrive-logo-600

今回は無料で15GBの容量が使えるGoogleドライブを例にしてパソコンとスマホのデータを共有する手順を紹介します。

Googleドライブで画像の共有する手順

▼スマホのGoogle Playから「Googleドライブ」をダウンロードしてスマホにインストールします。
▼次にパソコンで「Googleドライブ」のウェブサイトにアクセスし、自分のアカウントでサインインします。自分のアカウントを持っていない方は新規登録(無料)が必要です。
▼サインインしたら「マイドライブ」をクリックし、左上の「新規」ボタンを押して、「File upload」もしくは「Folder upload」をクリックして「共有したい画像」もしくは「共有したい画像フォルダ」を選び、ストレージにアップロードします。

screen-googledrive-950

▼これで画像、もしくは画像フォルダは共有完了となります。スマホからGoogleドライブにログインすると、パソコンからアップロードした画像を見ることができます。

▼逆にスマホの中に保存されている画像をアップロードしたい場合はスマホのGoogleドライブにアクセスし、同様の手順で画像をストレージにアップロードすれば共有完了となり、パソコンからその画像を見ることが出来ます。

▼ここまではパソコンとスマホをGoogleドライブで同期し、画像をGoogleドライブ上で共有しただけです。スマホ本体やパソコン本体に直接画像を転送したわけではありません。それをしたい場合はそれぞれの端末から共有した画像を選択し、転送したいそれぞれの本体に画像をダウンロードする必要があります。

(注)スマホからGoogleドライブの共有画像を見る場合はデータ通信となるため、Wi-Fi環境やスマホのパケ放題サービスを利用されていない方はデータ通信料に注意が必要です。

まとめ

以上がパソコンからスマホに転送する主な3通りの方法です。

A)USBケーブルを経由して転送する
おおすめ度★★★:一番手間かからない方法。アプリのインストールが嫌な方におすすめ。

B)USBケーブルとスマホの管理アプリを使って転送する
おおすめ度★★★:画像を確認しながら直観的にデータを管理したい方におすすめ。

C)オンラインストレージで共有し、ダウンロード転送する
おおすめ度★★★★:データをオンラインで確認できる。親しい人ともデータ共有できる。Wi-Fiを利用できる方におすすめ。